読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て主婦YURIの漫画大好きブログ

子育てアラサー主婦のYURIです。家事と育児の息抜きに読むスマホ漫画にはまってます♡

スマホ漫画「青楼オペラ」を読んでみた♪感想♪

こんばんは!

 

アラサーママ YURIです♡

 

今日は家事の合間に
「青楼オペラ」
を読んでみました♪

 

花魁や花街モノって
着物姿や言葉が美しくって
なんかあこがれますよね♪

 

f:id:kirisubuse:20170125181344j:plain

 ※画像はイメージです

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「青楼オペラ」を無料でお得に読むにはこちらをクリック!!

 

 

由緒のある武家で育ったのに
両親を亡くし

その門を一歩入れば戻れないかもしれない

「吉原」

に売られる娘 朱音-あかね-

 

その年

なんと15歳 ・ ・ ・ !

 

それでもこの時代には
遊女としては遅いデビューのよう(まぢか💦)

 

茶屋の主人からも
「いくら器量よしでも先は見えてる」
と言い切られてしまいます。

 

それでは困る・・・!!!

 

「私は吉原一の太夫になる覚悟で参ったのです!」

と、タンカをきる朱音(あかね)

どうやら身を売る以上に
何かの目的があるよう

 

御職(現代なら高級キャバクラのNO.1)の花魁に
店の女将さんが教育係を頼むも

「お断りじゃ」

と跳ねのけられてしまいます。

 

遊女の世界では
11、12歳から花街に入り
言葉づかいも教養も世間の渡り方も
お客のとり方も
トップの花魁に付いて
かわいがられて学んでゆくもの(だそう)

 

育ちが良くて教養もあり器量ヨシ

といっても

簡単にこの世界(吉原)のことを
花魁は教えてくれない様子・・・

 


まだまだ子供の15歳の主人公が
教養と器量でどうやって吉原の世界を渡っていくのか

 

謎のイケメン王子様も現われて

 

 

今後が楽しみな展開です♪

 

「青楼オペラ」を無料でお得に読むにはこちらをクリック!!