読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て主婦YURIの漫画大好きブログ

子育てアラサー主婦のYURIです。家事と育児の息抜きに読むスマホ漫画にはまってます♡

「宇宙を駆けるよだか」 ネタバレ・感想♪

こんにちは!

 

 

まんが好き主婦 YURIです♪

 

 

「まんが王国」サイトでずっとランキング上位に挙がっていた

宇宙を駆けるよだか

が気になってまずは試し読みしてみました。

 

無料で内容が試し読みできるのは便利ですね

無料試し読みはこちら サイトに入ってまんがタイトルを検索、もしくはランキングをクリックしてくださいね☆

 

f:id:kirisubuse:20170318160907j:plain

 

宮沢賢治・作の「よだかの星」では、地味で醜いと周りの鳥達に疎ましがられ、自分を嫌悪し、ひたすらに夜を駆け、最期には自らの身体を燃やして星になる「よだか」。

 

切なくも美しい童話をモチーフにした「宇宙をかけるよだか」も、
哀しみや絶望を最期には包み込む、優しい物語でした。

 

簡単なストーリーは

醜く、歪んだ性格の海根然子(うみね ぜんこ)が、容姿も性格も環境も、全てに恵まれた小日向あゆみと入れ替わることから始まる物語。

よくありそうな設定のファンタジーですが、その一言では済ませられない、繊細で緻密に描き込まれた作品になっています。

 

 

1巻では、然子の執念やしろちゃんの不可解な態度など、ミステリーの要素もあり、グイグイと惹き付けられます。

柔らかでキラキラとした絵柄ですが、然子の強烈な泣き顔は鬼気迫るものがあり、少女漫画の枠を超えています。

何より、爽やかなのが逆に不気味なしろちゃんが、この巻のキモでしょう。

それが、2巻以降では各登場人物の内面やバックボーンが丁寧に描かれ、ストーリーに深みが増していきます。

そして、それぞれが自分と向き合い、最後には爽やかな読後感があります。

 

 

3巻完結という、駆け足で進む展開なので、入れ替わりについての説明などは割とあっさりとしています。

もっと引き延ばした長編にすることもできそうですが、おそらくこの作品のテーマは、もっと別のところにあるのでしょう。

人を想う心や優しさ、外見の、内面の美しさとは、自分とは何なのか…。

苦しみ、奪い、哀しみ、その身を焦がしながら然子が得たものが、最後の彼女の表情に表れている気がしました。

 

1巻の第1話が無料で試し読みできます。 
無料試し読みの方法はこちら

 「漫画王国」サイトに入って「よだか」で検索して読めますよ♪